穂の国の法螺貝
クレジットカード支払いもOK 商品はこちら

 日本でとれる貝の中で一番大きい巻貝。この法螺貝を利用した鳴物には次の2種類があります。

一. 山伏が修験道に使う法螺貝(修験の音色)
 口金部分の加工に手が込んでいて吹き方を習得する事で高音、低音を吹き分ける事ができます。

二. 戦国の法螺貝(戦国の響き)
 文字どおり戦国の合戦のときに吹かれたものをイメージして作り上げた物です。吹きやすく、初心者向けです。

■ 法螺貝には、吹けばすぐ音が出るような仕組みがありません。息により振動するリード部分かありません。吹く人の唇の振動がそのまま音になって響きます。

■ 唇を開いたまま息を吹き込んでも、スーとそのまま抜けてしまいます。唇を軽くとじて吹き口にあてて唇を振動させながら息を吹き込みます。

■ 吹き口は唇の中心に当てるのではなく、唇の左側よりにあて上下の唇の当て方と吹き込みをかげんして音を変化させてだします。

■ 吹き方を習いたい方は、石巻山立螺之会におたずね下さい。

中古法螺貝下取り、買取り、販売致します


法螺貝と健康

 法螺貝を吹く場合は、腹式呼吸により、自然界の気をからだの中に入れて、音を出しますので、昔から非常に健康に良いとされています。
 特に、山又は海で吹くのが良いそうです。

口金(吹口)の紹介

修理もOK

法螺貝を習いたい方
詳しくはお問い合わせください
(下をクリックしてください)
電 話 :0532-32-8755
FAX :0532-32-8745
主 催 石巻山立螺之会
連絡先 :「穂の国」

◆ホラ貝無料体験と講習
次回は平成26年9月20日(土)
・集合場所:愛知県豊橋市石巻山
石巻自然科学資料館前
・時間:午前10時より